語学留学にはいろいろなタイプがあります

英語を習得するのは間違いなくプラスに働くことだけれど

英語というのは世界の公用語ともなっており、日本国内で仕事をするうえでも「英語を使えるかどうか」で就業することができるかできないか決まってしまう職業もあります。
日本国内にも日系企業だけではなく、外資系企業も多く進出してきている時代です。
就職の選択肢を広げ就職活動を有利にしようと思うのなら、英語はもはや必須のスキルとなっているということでしょう。
ただ、英語を身に着けるというのは、できるだけ早いうちからやっておくほうが良いといわれています。
ですから今はお子様のための留学コースを設けている学校もありますし、お子様と一緒に留学できる学校・国もあります。
もちろん社会人として社会に出ていても、ワーキングホリデーや本当に短期間の留学を経験できるような国・学校もあります。
どの年代であっても積極的に身に着けようと思えばできないものではありません。
「英語を身に着けよう」と思ったその時こそチャンスなのではないでしょうか。

語学留学は特定の方しか受け入れられないものではありません

例えば英語といえば発祥の地であるイギリスへの留学を検討される方もいらっしゃいます。
イギリスでは小学生から社会人まで、可能な範囲で留学できる短期間のプログラムも用意している学校も多く存在します。
カナダでは英語だけではなく、フランス語も習得することができます(やる気次第です)。
国ごとに、国民性も異なりますから、積極的に現地の人々と触れ合ってみたい、と考えるのならカナダ・アイルランド・アメリカはやはりお勧めです。
もっとフレンドリーに講師と寮生活を送りながら留学することができるのがフィリピンです。